TOP > 交通事故による様々な症状

交通事故による様々な症状

むち打ち症ってどんな症状?

むち打ち症ってどんな症状?

「病院や整形外科だけでしか交通事故の治療は受けられない」
と思っていませんか?

「軽いむちうちだから放っておいても大丈夫」
と思っていませんか?

これは大きな間違いです! 軽いむち打ちでも十分に治療することが必要です。 接骨院でも交通事故の治療を受けられます

接骨院でも自賠責保険を使うことで交通事故の治療が窓口負担なく受けられます。

一般的にむち打ち症の自覚症状が表れるのは、事故直後だけではなく事故にあってから2~3日後(中には数週間後の方もいらっしゃいます)というケースも多く見られます。このように事故数日後に自覚症状が表れる場合、痛みの原因が事故によって生じたものだということの認識が薄れてしまい、ただの肩こりや首の痛みだと勘違いしてしまうことをよく耳にします。また、知らないうちに慢性化したむち打ち症や治療をせずに放置したむち打ち症は、自然治癒が非常に難しい状態になり、痛みの原因が不明な症状に悩まされることになる可能性もあります。

むち打ち治療のSpecialist『栄新堂接骨院』にお任せください!

交通事故によるむち打ち症や後遺症に悩む方々の中で、病院や整形外科もしくは他の接骨院等に通院中であっても保険会社との煩雑なやり取りなく転院(併用しての通院)が可能です。保険会社との手続きは当院で行いますのでご安心ください。
※接骨院の掛け持ち通院は不可です

首が痛い

首が痛い…むち打ち症かもしれません 首が痛い…むち打ち症かもしれません

むち打ち症は、首に衝撃が加わることによって頸部(首)の筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷を受けた症状を指します。
むち打ち症には、頚椎捻挫型や神経根症状型、バレ・リュー症状型、脳髄液減少症、脊髄症状型などといった種類に分けられ、軽度のものから、後遺症を残すものまであります。

前述の通り、むち打ち症は、交通事故直後だけではなく数日後に様々な症状が表れることが多いため、事故当日は自覚症状が無かったとしても医療機関を受診されることをおすすめします。

むち打ち症

肩・背中・腰が痛い場合

肩・背中が痛い場合

首のむち打ち症がひどい場合、背中・腰にまでも痛みを発症する可能性があります。背中・腰にまで痛みが発症する原因は、背中(胸椎)・腰(腰椎)の軟部組織が交通事故の衝撃によって損傷を受けたためです。また、首から肩にかけての筋肉が硬直してしまい、肩が上がらなくなったり、肩甲骨の内側に痛みが出たり、背骨付近に痛みが出たりすることもあります。

胸が痛い場合

胸が痛い場合

事故に遭った際にハンドルに胸を強打したり、シートベルトで急激に胸を締め付けられたことによって肋骨を打撲したり骨折したりなど胸の痛みの原因にも様々な可能性があります。

手首・肘が痛い場合

手首・肘が痛い場合

交通事故に遭った時にハンドルを握っていたことで、瞬間的に急激な負荷が手首や肘にかかることによって筋肉や靭帯の軟部組織に損傷を受けます。

膝・足が痛い場合

膝・足が痛い場合

急ブレーキを踏み、踏ん張ったために急激な負荷が膝や足首にかかることによって筋肉や靭帯の軟部組織に損傷を受けます。
また、運転席前のダッシュボードに脚をぶつけてしまうことで打撲することもあります。