TOP > 被害者の方へ

被害者の方へ

治療費について

自賠責保険を利用することで施術に関する窓口負担が0円で治療が受けられます。治療費用を気にせず、交通事故治療に専念していただけます
治療費について

ひき逃げや無保険車との交通事故以外はほとんどの場合、交通事故による治療は通常相手(加害者)が加入している自賠責保険を利用して治療や慰謝料請求を行います。
この場合、患者様の治療費用は窓口負担0円です。(後日、栄新堂接骨院が保険会社に直接請求致しますのでご安心ください)

上記のように、当院では治療に関することのみならず治療費請求などに関する保険会社とのやりとりや書類周りの手続きのサポートもしておりますので患者様は事故治療に専念していただくことができます。

交通事故の補償内容について

「知らなかった」…で損をしないようにしましょう

交通事故による補償内容を知らないが故に損をしている方が多数いらっしゃいます。
例えば交通費が補償内容の対象ではありますが、事故治療やレントゲン検査の際の通院に要する公共交通機関の料金や自家用車のガソリン代の対象に含まれます。
ですので、事故治療を受けるにあたり、治療を終えるまで必要な料金に関する領収書を大事に保管しておきましょう。

傷害、後遺障害
応急手当や診察、通院、転院、入院にかかる費用、投薬や手術料等
※接骨院での治療費用もこちらに含みます。
通院する際にかかる自家用車のガソリン代や電車やバス等の公共交通機関及びタクシー、パーキング代の交通費が補償されます。
※交通費の領収書等は大切に保管してください。
基本的に自賠責保険基準では5,700円/日が支給されます。日額5,700円以上の収入があることを証明できる場合、19,000円を上限とし、この範囲内で費用が支給されます。
自賠責保険を利用して事故治療の通院をした場合、 治療・施術関係の費用や文書料などの患者様のご負担はありません。 慰謝料及び休業損害で賄われます。 慰謝料

慰謝料とは、交通事故により被害者が被った精神的な苦痛に対して支払われる損害賠償金を指します。
基本的に4,200円/日が支払われます。
ただし、慰謝料の対象となる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって定められます。

①治療期間
治療を始めた日から治療を終えた日までの日数
②治療日数
実際に治療を行った日数

慰謝料の算定方法

実治療日数×2 治療期間 で少ない方の数字に「×4,200円」をすれば慰謝料が算出されます。
※ただし、実治療日数×2の慰謝料が算出される場合は条件があり、整形外科に通院した場合と接骨院に通院した場合に限ります。他の治療院(マッサージ院や鍼灸院)では、実治療日数のみでしか慰謝料が算出されませんのでご注意ください)
治療期間が実治療日数を2倍にした日数より少ない場合の慰謝料

◆例1 通院:52日  事故日:1月20日  治療最終日:4月12日
①通院:52日=実治療日数:52日
 実治療日数:52日を2倍にします。 →52日×2=104日

②1月20日~4月12日までの治療期間は83日となります。
 ※2月を28日換算で算出しております

①と②より、②の83日(治療期間)の方が少ない日数ですので、こちらに「×4,200円」をします。
83日×4,200円=348,600円
つまり、348,600円が慰謝料となります。

実治療日数を2倍した日数が治療期間より少ない場合の慰謝料

◆例2 通院:36日  事故日:1月20日  治療最終日:4月12日
①通院:36日=実治療日数:36日
 実治療日数:36日を2倍にします。 →36日×2=72日

②1月20日~4月12日までの治療期間は83日となります。
 ※2月を28日換算で算出しております

①と②より、①の72日(実治療日数×2)の方が少ない日数ですので、こちらに「×4,200円」をします。
72日×4,200円=302,400円
つまり、302,400円が慰謝料となります。

入院をした場合の慰謝料も同様に計算します

◆例3 入院:11日・通院:25日  事故日:1月20日  治療最終日:4月12日
①入院11日、通院25日の場合=実治療日数:36日
 実治療日数:36日を2倍にします。 →36日×2=72日

②1月20日~4月12日までの治療期間は83日となります。
 ※2月を28日換算で算出しております

①と②より、①の72日(実治療日数×2)の方が少ない日数ですので、こちらに「×4,200円」をします。
72日×4,200円=302,400円
つまり、302,400円が慰謝料となります。

治療費の窓口負担は0円です ご自身に過失割合がない場合 ご自身に過失割合がない場合