TOP > 交通事故のケース別ガイド

交通事故のケース別ガイド

自分が被害者である場合

自分が被害者である場合

交通事故の被害者の方は相手方の自賠責保険を使うことで窓口負担金0円で治療を受けることができます。
※一般的な健康保険も利用できますが、保険治療での範囲が制限されていますので、交通事故専用の施術を受ける場合は実費負担となります。

栄新堂接骨院では、むち打ち治療から保険会社とのやり取りのサポートなど行なっておりますので、交通事故に遭って困っている場合は、まずは当院までお電話ください。また、他の病院や接骨院へ通院されている方でも、転院や同時通院も可能ですのでお気軽にご相談下さい。
※接骨院の掛け持ち通院は不可です

自賠責保険による治療に関して詳しくはコチラ

自分だけ事故(自損事故)した場合

自分だけ事故(自損事故)した場合

任意保険(人身傷害補償)に加入している場合、運転中に単独で電柱やガードレールにぶつかってしまい、自分だけ負傷をした場合の自損事故でも、任意保険を使うことで窓口負担金0円で治療を受けることができます。
まずは任意保険に加入しているかどうか確認してみましょう。

また、任意保険に加入していなかった場合でも、健康保険を利用して治療を受けることができます。
※第3者行為の届出と一部負担金が必要となります

自損事故による治療に関して詳しくはコチラ

自分が加害者である場合

自分が加害者である場合

加害者だから自賠責保険が使えない=「高額な治療費の負担が必要となる」、といった思い込みや勘違いによって治療を受けられずに我慢したり、治療を諦める方が多くいらっしゃるそうです。

任意保険の人身傷害補償、搭乗者障害補償保険に加入している場合、加害者の方でも任意保険を使うことで窓口負担金0円で治療を受けられることができます。

任意保険による治療に関して詳しくはコチラ

妊娠中に事故にあった場合

妊娠中に事故にあった場合

妊婦さんの母体は非常にデリケートですので、病院や整形外科での電気治療や湿布・投薬治療はほとんど行なわれません。
交通事故で負傷した痛みや症状をそのまま放ったままにしておくと、ご自身の身体のみならず胎児にも悪影響を及ぼしかねません。

当院では妊娠中の方の事故治療を安心&安全な手技をメインにできる限り母体に負担をかけない施術を行い、患者様の症状の早期改善を図ります。
病院や整形外科からの転院や同時通院もできます、お悩みやお困りごとがありましたらまずはご連絡ください。

妊婦さんの事故治療に関して詳しくはコチラ

お子様や赤ちゃんが事故にあった場合

大人のようにお子さんは、

  • 自分の自覚症状(どこがどのように痛むのか)
  • 事故状況(いつ、どこで、どのように、なぜ発生したのか)

を上手く言葉にして表現出来ないことがあります。
お子さんが事故に遭遇した場合、お子さんが頭を打っていないか、怪我の有無を確認し、目立つような外傷が見えなかったとしても必ずすぐに病院で診察を受けましょう。

加害者が無免許運転だった場合

加害者が無免許運転だった場合

相手(加害者)が免許失効中や免停中、そもそも免許を取得していなかった場合は、相手側の自賠責保険。
無免許運転者との交通事故の場合でも、相手側の自賠責保険や任意保険が適用され、対人・対物ともに補償されます。

相手が任意保険に未加入だった場合

交通事故に遭った時に相手(加害者)が任意保険に未加入の場合でも、過失割合に応じて相手に損害賠償請求をできます。
もし、ご自身(被害者)が無保険車障害補償保険に加入している場合、ご自身の保険により補償されます。

加害者の車に搭乗していた場合

同乗者が交通事故によって負傷をした場合でも、自賠責保険で請求を行うことができます。
同乗者は自分の車で交通事故を起こしたわけではないので治療を受けることができないと思い込んでいる方も少なからずいらっしゃいますが、加害者側の同乗者も治療を受けられますのでご安心ください。

ひき逃げされた場合

相手が身元不明の場合、相手方の自賠責保険による請求はできないため、ひき逃げされた場合は、ご自身の健康保険・労災保険等を利用して治療を受けるのが一般的です。

ひき逃げされた場合、一体誰が補償してくれるのか・・・。
このような時は政府保障事業制度というものによって、自賠責保険と同様の保障を受けられるような制度があります。
※自賠責保険のような仮渡金の制度はありませんのでご注意下さい

どのケースにも当てはまらなかった場合

上記は一例に過ぎませんのでまずは当院へご連絡ください。

0561-72-3848

もしくは、メールにてお問い合わせください。