TOP > 病院・接骨院の選び方

病院・接骨院の選び方

交通事故にあってしまった・・・そんなお悩みの方に選び方のポイントをお答えします!総合病院や整形外科・その他接骨院からの転院も可能です!
総合病院や整形外科・その他接骨院からの転院も可能です!

交通事故は一生に一度あるかないか、そうそう何度も経験しないものだと思います。そのため、事故遭遇後、首や肩周りが痛くなった時にどこに治療を行けばいいのか?どうすればいいのか?など、ご家族や友人など周囲の人に聞いたとしても「知らない」と答える人がほとんどです。

たとえ交通事故直後に痛みや怪我が無かったとしても事故の衝撃による身体へのダメージは計り知れません。事故の衝撃により身体の内部で筋肉や靭帯などの軟部組織損傷、神経損傷などを起こしていて事故に遭い数日後に症状が表れたりするケースも多く見られます。

以上を踏まえて、事故に遭った際は通院先の選択をしっかりと行い、専門家に診察してもらい、早期に治療することが大切です。

①信頼できる治療機関

通院先は信頼できる治療機関ですか!?

交通事故のみならず身体の痛みの治療をしている機関は、整形外科(病院)を始めとする接骨院や鍼灸院、カイロプラクティック、整体など多数の治療院があります。そのため、どこへ行けばいいのか悩まれる方が少なからずいらっしゃいます。

どこへ行けばいいの??

「いつも通っているところだから」、「家(勤務先)から近いから」などの理由で、安易に交通事故治療の通院先を選択することはおすすめできません。というのも、交通事故によって受ける衝撃は一般のケガのレベルの何倍もあるためです。
まず初めに、専門的な知識や技術を有する「国家資格者」を選択するようにすると良いでしょう。健康保険や労災をはじめ、自賠責保険・任意保険など各種保険を適応するには国が認めた治療機関で治療を行えば安心です。

国家資格(自賠責保険・任意保険が使える) 民間資格(自賠責保険・任意保険が使えない)
  • 医師(外科、整形外科など)
  • 柔道整復師(接骨院、整骨院)
  • 鍼灸師
  • あん摩マッサージ指圧師
  • 整体師
  • カイロプラクティック師
  • 気功

②通院環境

通院先は継続的に通院できる環境ですか?
通院先は継続的に通院できる環境ですか?

たとえ良い治療を受けられる医療機関であっても、症状を改善するには十分な通院期間が必要となる場合もあります。
また、通院期間や実治療日数に応じて慰謝料や休業補償が算定されるため、継続的に通院できる環境も重要です。


※他院に通院中(もしくは検討している通院先)の方で診療時間の面で通院するのが難しいという場合、栄新堂接骨院への転院をおすすめ致します。当院は、日進駅から徒歩3分、朝は8:30~、夜は20時までの診療を受け付けております。
あらかじめお電話をいただければ診療時間外でもご相談にのります。

診療時間・所在地に関して詳しくはコチラ

③整形外科(病院)と接骨院(整骨院)の違い

通院目的は診断ですか?投薬ですか?治療ですか? それとも私ですか?(笑)
通院目的は診断ですか?投薬ですか?治療ですか? それとも私ですか?(笑)

下記の通り、接骨院はむち打ち症の専門家であります。
ただし、接骨院と整形外科(病院)にはそれぞれの特徴や得意分野があるため、通院する目的や症状・状況によって通院先を選択することが重要です。

  整形外科(病院) 接骨院・整骨院
検査・画像診断
レントゲン検査・投薬など
×
症状の把握
電気治療
物理療法
待ち時間の長さ
※各院によって異なる場合もあります
普通~長い 短い
診療(治療)時間の長さ 短時間 丁寧
保険の取扱(自賠責・任意・労災など)
保険会社への対応 × ×
※当院では長年の
交通事故治療の実績
ノウハウがあるため
サポートあり
専門領域 外傷・骨折の治療 捻挫・打撲・挫傷
軟部組織の治療
(むち打ち症)

POINT

接骨院

  • 交通事故による痛みやしびれの治療のための通院をおすすめします。
  • 整形外科(病院)と併用して通院することも可能です。

※事故後の保険会社とのやり取りや手続きのサポートも当院にお任せください
当院の特徴はコチラ

整形外科(病院)

  • 交通事故直後の検査や画像診断、投薬などによる通院をおすすめします。
  • 経過観察

妊娠中の交通事故治療について

妊婦さんの交通事故治療についてはコチラをご覧ください。